全身の装備は抜かりなく|理想通りの庭で気分爽快|剪定は専門業者に依頼するのが鉄則
花

理想通りの庭で気分爽快|剪定は専門業者に依頼するのが鉄則

全身の装備は抜かりなく

草刈り道具

庭先と言えど、草刈り作業を行なう際は、しっかりと全身装備してから始めましょう。まず晴れた日は太陽の光で熱中症にならないように、帽子やバンダナなどをかぶり頭皮の発熱を防ぎましょう。通気性の良い麦わら帽子がオススメです。草刈り作業では、草以外に飛び石やホコリが舞うこともあります。それらが顔や目に飛んでこないとも言い切れないので、ゴーグルやタオルでカバーしておきましょう。

夏場であっても、基本的に袖のある衣類を作業服として着用しましょう。少し厚手のシャツなら手袋と合わせて簡易的な防御服となります。手袋は必ず滑り止め加工が施されているタイプを使用しましょう。万が一手が滑っても、滑り止めがあれば道具の落下を防げるはずです。作業中にケガをしやすい部位が、足元となっています。刃物を使って行なう草刈りは、危険がつきものなので必ず裾がある厚手のパンツを履き、ブーツの中に収納しておきましょう。

装備の手順だけでも、この様に沢山の注意点がありますが、どの部分も草刈りをしっかりと行なうために欠かすことができない要素です。しかし、時間や手間がかかる作業で疲れたら、庭を綺麗にする前に疲労がたまってしまいます。スポット的でも専門会社依頼して、草刈りを行なってもらえばかなり楽に敷地内を綺麗に整えることができます。平坦な土地は自分で作業して、狭い場所や斜面、荒れた部分をプロに依頼するなど、見積もりや調査を行なってもらいながら相談すれば、効率よく庭の手入れが行なえます。